心の病を患う者にとって経済的な不安を取除くことは大変重要です

サイトメニュー

会社を休み続けているとき

カウンセリング

知っておくとよい情報と費用

うつ病は、今や社会人の25パーセントほどを占めるといわれています。うつ病といっても程度ありますが軽い症状から重い症状までをするとおよそ4人に1人がその病気にかかっているか予備軍とされているわけです。ある程度重いうつ病になると、会社に行けなくなることも考えられるでしょう。このような場合には、傷病手当をもらうことで生活を維持することが可能になります。傷病手当金うつ病で最低限しておきたいことの一つはお金をもらうことができる期間が最長で1年6か月ほどです。そのため、それ以上の期間はお金をもらうことができないためそのあいだに病気を治しておくことが必要になります。また、傷病手当金うつ病を支払ってくれるのは国ではなく勤務先の健康保険組合になります。健康保険といえば、医療費の補助などが一般的になりますが、傷病手当金も支払ってくれますので就職するときには健康保険組合に加入しているところを選ぶのも一つの方法と言えるでしょう。ちなみに、もらえるお金は給料の2/3ほどになります。

傷病手当金うつ病の申請をする場合には、それなりのお金がかかりますが、そもそもうつ病と診断した医者のところ人気診断書を書いてもらうのが基本ですのでその時にお金がかかるぐらいです。そのため、傷病手当金うつ病もらうときに必要な費用といっても\1000ぐらいになるのが普通になります。評判としては、しっかりとした条件さえそろっていれば比較的簡単にもらうことができるとするのが一般的でしょう。その間は、会社に行かずとも問題ありませんが、しっかりと病気を治しておき社会復帰をすることがお金をもらうときの条件になると言えます。会社員でなくても傷病手当金うつ病を申請することは可能になります。一般的には、健康保険組合に加入している会社の社員が対象となりますが、それだけではなく自営業者でも同業者の国保組合に加入している場合には、お金がもらえますのでまずは申請をしてみることが重要になります。この場合にも、病院でもらった診断書が必要になりますのでやはりそのとき\1000前後のお金がかかると考えておけばよいです。

Copyright© 2019 心の病を患う者にとって経済的な不安を取除くことは大変重要です All Rights Reserved.